光ある毎日。

都内で働くOLです。日々仕事に燃えて、成長のために読書をしたり、研修を受講したりと奮闘中です!日常の新しい出来事にアンテナをはりながら、光差す未来が訪れるような情報発信をしていきます。

映画『キングダム』大ヒットの立役者はワンオクの主題歌なのでは?

こんばんは。

あんにんです。

 

ついに、話題の映画キングダムを観にいってきました。

すでに4ターンほど漫画を読んでいるもので、原作への思い入れや自分なりのイメージがあり、映画化と聞くとちょっと緊張感がはしります!(笑)

 

漫画の実写化については、賛否あると思いますし、私は肯定派ではありません。

ただ、漫画の映画化には珍しくよい噂が多かったため、いちだい決心をして観にいくことに!

 

結論は、キャスト、ストーリー、キャラクターの完成度などなど、漫画の面白さを損なわず、期待を裏切らない内容で、原作ファンでも楽しめる内容だったのではないでしょうか!!

つまり”最高”ということ!

 

もうすべて素晴らしかったのですが、意外なことに一番印象に残ったのは主題歌の完成度の高さ!

この映画本編で満たされたあと、エンドロールと共に流れる歌によってこの映画は伝説となるのです。

 

映画『キングダム』を彩る主題歌!ONE OK ROCKの『Wasted Nights』輝きをはなっていた

映画自体は、全体的に本当によかったんです!

ただ、それをより確かなものにしたのはONE OK ROCK(ワンオク)が歌う主題歌「Wasted Night」であることは間違いありません。

 

ワンオクと言えば、いまや人気絶頂のロックバンド!

日本だけでなく、海外でも高い支持率を誇るといわれています。

そりゃあ、いま話題の『キングダム』の主題歌もうたっちゃうでしょうよ!と思いきや、そうではありません…!

 

この映画の世界観と主題歌「Wasted Night」のイメージがぴったりで鳥肌ものなんです!!

 

エンドロールでテンションMAX!

この動画は映画『キングダム』の予告編ですが、映画の迫力をあと押しするアクセントになっていますよね。

 

本編では、原作のキャラクターの魅力そのままに実力派のキャストが演じ、手に汗握る戦闘シーン、そして感動のクライマックスを迎え、ようやくふ〜っとひと息つくはずのエンドロールでこの曲が流れてきます。

 

本来なら、映画が終わり、エンドロールで回想しながら静かに余韻にひたる時間になるはずでした。

 

でも、この『Wasted Nights』が流れてきたところで、曲の壮大さによって映画本編で高まった気持ちが、再び呼び起こされていきます。

 

特に0:55からのサビのパートは鳥肌ものです!

最後の最後で気持ちがぐぐーーーっとたかぶり、思わず涙がでてくるほど。

 

この曲は、ボーカルの”Taka”さんが、完成前の映画をみて書き下ろしたのだそうです。

それにしたって、こんなにイメージどおりになるものですか?!と、驚きと感動しかありません。

 

力強く前向きな歌詞はキングダムの世界観そのもの

Must be something in the water

Feel like I can take the world

Throw the weight up on my shoulders

Cause I won't even feel the burn

 

Don't be afraid to dive

Be afraid that you didn't try

These moments remind us why

We're here, we're so alive

 

Let's live like we're immortal

Maybe just for tonight

We'll think about tomorrow

When the sun comes up

 

Cause by this time tomorrow

We'll be talking about tonight

Keep doing what we want, we want, we want

No more wasted nights

 

ただ過ぎ行く時間に

気を止める必要は無い

何かを失えば

また何か手にする

 

Don't be afraid to dive

何もせずはもっと怖い

These moments remind us why

ここで生きる意味を

 

Let's live like we're immortal

Maybe just for tonight  

We'll think about tomorrow

When the sun comes up

 

Cause by this time tomorrow

We'll be talking about tonight

Keep doing what we want we want we want

No more wasted nights

 

I don't wanna wait I don't wanna waste a night

I don't wanna wait I don't wanna waste a night

I don't wanna wait I don't wanna waste a night

I don't wanna wait I don't wanna waste a night

 

Let's live like we're immortal

Maybe just for tonight

We'll think about tomorrow

When the sun comes up

 

Cause by this time tomorrow

We'll be talking about tonight

Keep doing what we want, we want, we want

No more wasted nights

 

I don't wanna wait I don't wanna waste a night

I don't wanna wait

No more wasted nights

 

Produced by Pete Nappi

Written by Taka, Pete Nappi, Janee "Jin Jin" Bennett, Jamil Kazmi

  

『Wasted Night』は、日本語に訳すと「無駄にした夜」という意味合いになるでしょうか。

苦難や逆境を乗り越えて前に進もう!というメッセージが、曲全体に込められているように感じます。

 

サビの最後では”No more wasted nights”と、「もう無駄にはしない!」と未来を生きる前向きで力強い決意が感じられて、グッときます!

 

そして、個人的に一番好きなパートはここ。

歌詞はほとんどが英語ですが、一部だけ日本語の歌詞がでてくる部分があります。

 

  Don't be afraid to dive

 何もせずはもっと怖い

 These moments remind us why

 ここで生きる意味を

 

ここがグッっとくるんですよね!

困難に直面したとき「何で私が」とか「逃げ出してもいいんじゃないか」と思うこともあります。

でも、この歌詞のように”何もしないほうが怖い!挑戦する瞬間に自分が生きる意味を知ることができる”と、懸命にいきぬくこうとする気持ちが、映画のなかでも様々なシーンで描かれています。

 

 主人公・信や嬴政(えいせい)が、過去を乗り越えながら、命がけで難局をくぐり抜けていくシーンとリンクして、曲が流れるだけで胸が熱くなっていきます…!

 

オフィシャル動画も映画とシンクロ

 

YouTubeに公開されているワンオクのオフィシャルMVでは、嵐のなかで力強く歌い上げるシーンが、映画の世界観とマッチしていて見応えがあります。

 

ボーカルTakaさんのちょっとハスキーでハイトーンな声が、この曲のワイルドさや力強さを引き立てていて、耳心地がいいのに心がざわつく感じがします。

 

 

ここまであれこれ言っておいてお恥ずかしいですが、実はワンオクの曲をちゃんと全フレーズ聞いたのは、この曲がはじめてでした。

これはハマってしまいそうな予感がする。。。

 

まとめ

映画館で大迫力のスクリーンと音響で聴くと、音の振動までもがダイレクトに伝わってきて圧倒されます。

とにかく、エンドロールまで含めて、映画『キングダム』は見る価値ありです!

 

世界で活躍するワンオク。

この『Wasted Night』は、ワンオクにとってもこの映画にとっても、決して欠かせない名作として残っていくのだと思います。

f:id:ms-diamonds-sea:20190527221948j:plain

出典:http://www.oneokrock.com/en/about/